「第12回岡本太郎現代芸術賞」展
[Category:Info]


  • 岡本太郎の精神を継承し、旧来の慣習や規範にとらわれず、自由な視点と発想で創作活動を行う作家による、優れた作品のために創設された岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)。
    第12回を迎える今回は611点の応募があり、21点の作品が受賞・入選をはたした。
    その受賞作品展となる「第12回岡本太郎現代芸術賞」展が川崎市岡本太郎美術館にて2月7日より開催される。
    若手の登竜門として知られるようになってきたこのTARO賞。過去には中山ダイスケ、小沢剛、山口晃、天明屋尚などその後大活躍しているアーティストが受賞してきている。今年はどんな大物新人が輩出されるのか、楽しみである。




    「第12回岡本太郎現代芸術賞」展
    http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html

    会期 : 2009年2月7日(土)~4月5日(日)
    会場 : 川崎市岡本太郎現代美術館
    料金 : 一般600(480)円/高大学生・65歳以上400(320)円/ 小中学生以下 無料/( )内は20名以上の団体料金
    休館日 : 月曜日、 2月12日(木)
    主催 : 岡本太郎記念現代芸術振興財団、川崎市岡本太郎美術館

    <出品(入選)作家>
    ALIMO、飯田竜太、井口雄介、小田原のどか、古池潤也、坂口竜太、笹倉洋平、柴田英里、 島本了多・エースナカジマ、田中麻記子、長谷川義朗、福井直子、宮崎直孝、森 靖、 淀川テクニック (50音順)


    <ギャラリートーク>
    出品作家による展示解説をおこないます。
    日程 :
    2月26日(木) 山上 渡、飯田竜太、柴田英里、長谷川義朗、淀川テクニック
    3月 8日(日)  若木くるみ、タムラサトル、ALIMO、井口雄介、小田原のどか
    3月21日(土) 長 雪恵、花岡伸宏、古池潤也、田中麻記子、森 靖
    4月 5日(日)  佐藤雅晴、笹倉洋平、島本了多・エースナカジマ、宮崎直孝

    ※都合により日程・メンバーを変更することがあります。
    時間 : 各日とも14:00~15:00
    場所 : 企画展示室
    料金 : 無料(ただし観覧料が必要です)

    [ DATE : February 4, 2009 ]
    [ TAG: ]
pagetop

PROMOTION