テオ・ヤンセン展 - 新しい命の形 -
[Category:Info]


  • 元科学者であるオランダの芸術家、テオ・ヤンセンの創りだす巨大なキネティック・スカルプチャーは風の力によって、まるで本物の生命体のような有機的な動きを見せる。緻密な計算に基づいて造られた美しい造形と、巨大な彫刻が魅せるダイナミックな動きは人々を魅了する。彼の作品はBMWのCMで起用されたことでも有名である。


    そんなテオ・ヤンセンのアジア初となるソロ・エキシビジョンが日比谷パティオ特設会場にて、現在開催中である。
    展示会では、メイン展示となる作品2体のほか、大型作品計11体を展示。また、「テオのラボ」をコンセプトとし、その他にも、作品のパーツや直筆スケッチなど、テオの世界観が体験できる様々な展示物を展開。
    今週の24日(土)にはテオ本人による最後の作品デモンストレーションも行われる。
    この貴重な機会を、是非お見逃し無く。



    重量2トン、スチールと布で出来た作品「サイ」



    テオ本人も出演したBMWのCM




    テオ・ヤンセン展 -新しい命の形-
    http://hibiya-patio.under.jp/theo/

    会場:日比谷パティオ特設会場(三信ビル跡地)
    展示期間:2009年1月17日(土)~ 4月12日(日)
    ※2月15日(日)のみ施設点検のため閉場
    開場時間::10時 ~ 21時(最終入場は20時30分)
    入場料:1,500円(税込) ※小学生以下は無料

    [ DATE : January 22, 2009 ]
    [ TAG: ]
pagetop

PROMOTION