飯田竜太 「ewiges equivalent -永遠なる同等物-」
[Category:Info]


  • 「情報としての意味と物体としての意味を持ったモノ。
    行為が直接的な欲望につながるモノ。
    身近にあり、誰もが手にするもの。
    それが物体として選んだ本でした。」

    飯田竜太の個展「ewiges equivalent ―永遠なる同等物―」が柏にあるTSCA (Takuro Someya Contemporary Art)にて11月8日より開催される。

    飯田は、日常にある紙や本をマテリアルとして用い、彫刻などの手法で作品を制作する作家である。本の持つ雰囲気、厚みといった資質や、「開いて読む」という普遍にも思える行為から、文字や文を解き放つ飯田のアプローチは、「本」や「文字本来の持つ情報」に対する私たちの既成概念を根底から変えてしまう。

    今回の個展で飯田は、自己破壊のエネルギーであり、自己を確定し認識するという概念「Destroudo-デストルドー / 脆弱な自己境界」を起点とし、ミニマルな作品を通して「共通の理解の中の認識の差」を浮き彫りにする。
    死へと向かって生きる、生命をもつ存在の宿命であるこの自己破壊のエネルギーそのものを、美しい時間と行為との足跡として具現化する飯田竜太の新たなる試みに、期待したい。

    081105_iida01.jpg

    081105_iida02.jpg




    飯田竜太 「ewiges equivalent ―永遠なる同等物―」
    会期:2008年11月8日(土)~2008年12月13日(土)
    会場:TSCA Kashiwa
    開廊:12:00~19:00 (日曜・月曜・祝日休廊)
    協賛:Red map

    プレスオープン:11月4日〜7日(要予約)
    オープニング :11月8日18時〜21時


    プロフィール:

    飯田竜太
    981年静岡生まれ、日本大学芸術学部美術学科彫刻在学中「第22回グラフィック一坪展」グランプリ受賞、その他、北野財団教育復興彫刻奨学生受賞など数々の賞を受賞。
    2007年「oratorical inventory -雄弁の目録-」(Bunkamura Gallery Arts & Crafts / Gallery+、東京)、「Fact of Accumulation 07」(graf mediagm、大阪)など目覚しい活躍をする一方、2008年 田中義久(「Coil」グラフィックデザイナー)とのアーティストユニットNerhol(ネルホル)として初個展(CALM & PUNK GALLERY、東京)など活動の幅を広げています。個人としての表現と積極的に他者、他分野と関わり創り出す表現の間を行き来し、常に新たな方向性を模索しています。

    [ DATE : November 5, 2008 ]
    [ TAG: ]
pagetop

PROMOTION