Home > Article > Report

Ryuichi Ogino Exhibition : Out of the context "MASH-UP"

October 22, 2008 4:09 PM

081016_ogi.jpgロサンゼルス空港から車で15分ほどのカルバーシティはここ3年で大きく変化している。すぐ北にはビバリーヒルズ、東にはダウンタウンという立地で、数年後にはサンタモニカのような大型プロムナードの建設を予定している。今はまだ、観光客も足を運ぶことの少ない穴場スポットである。最近では町をあげてアートを推進しているらしく、静かな並木道(Washington Blvd.)の両サイドにはオシャレなお店やカフェ、様々なギャラリーが立ち並んでいる。

081016_ogi01.jpg
ギャラリー「The Cerasoli : LeBasse」はその並木道の中心にある。元々はカルバーシティでも人気の2つのギャラリーが統合され、「The Cerasoli : LeBasse」としてリニューアル・オープンした。今回は7名のアーティストによるグループ展で、統合後初めての展示ということもあり、生まれ変わったギャラリーのレセプションも兼ねている。そのため、19時に開催されたパーティは沢山の人でにぎわっていた。

このギャラリー「The Cerasoli : LeBasse」では、ローブローアートからファインアートまで前衛的なアーティストを指示している。かしこまった様子も無いが、何でもありという雰囲気も感じられず、展示されている作品はどれも個性的で完成度の高いものが多い。


The Cerasoli : LeBasse
http://cerasoli-lebasse.com/site/




知り合いの紹介で、今回ここで展示をしているRyuichi Ogino氏(ブログ:ogi.cbc-net.com)に直接会う事ができた。彼の作品は日本でも何回か目にしたことがあるため、お会いできる事を楽しみにしていた。彼はとても気さくで、年齢も近かったせいか様々な共通点を感じる事ができ、長々と話し込んでしまった。


081016_ogi02.jpg
今回の彼の作品には「Out of the context "MASH-UP"」というタイトルがつけられていた。"MASH-UP"とは最近の音楽用語の1つで、ある曲の演奏トラックのみサンプリングし、全然違うジャンルのボーカルトラックを乗せて、ピッチやテンポを完全に揃えるというものである。例えて言えばNIRVANAの「Smells Like Teen Spirit」の演奏にビヨンセのボーカルを乗せるようなものだ。一般的には全く違うジャンルの曲と曲を1つの曲として聴く楽しさがあるが、彼にはそれだけでは無く、NIRVANAが生まれた社会的な背景とビヨンセに象徴される興行的とも言えるカルチャーを把握できた人が初めてこの"MASH-UP"を楽しむことができると言う。

ただ、好きなアーティストがいるというだけでは無く「何で自分がそのアーティストを好きなのか?また、そのアーティストはどうしてその曲を創るに至ったのか?更に、何でその曲が自分のココロを掴んだのか?このように、色々掘り下げて行くと、自分の求めている文脈が見えてくる。」という。ただ「好きだ」ということは誰にでも言える事で、自分が本当に「好き」と感じたものをもっともっと追求するべきだと彼は話してくれた。


081016_ogi03.jpg
全くちがうジャンルを同時に再生する意味を持つ"MASH-UP"その技法を利用して、自らのルーツを探り出し同時に出力していく。そんなコンセプトを元に今回の作品づくりは行われた。


081016_ogi04.jpg

081016_ogi06.jpg

081016_ogi05.jpg
確かに、壁に飾られたドローイング、ペイント、立体物、タイポ、プロパガンダ等、その全ては彼が最も影響を受けてきた文脈そのもので構成されている。今までの人生には欠かせない思想であったり、詩文であったり、またはアニメーションの1シーンであったり、自分への内的な経験を直接的に表現していた。中には、1つのキャンパスを縦に2〜3分して、全く違う世界観を表している作品や、異なるタッチのドローイングをレイヤーのように重ねて表現している作品も多く見受けられた、その表現手法もまた"MASH-UP"というコンセプトそのものだと彼は話してくれた。


081016_ogi07.jpg

パーティは深夜まで盛況だった。他の6名の作品を観賞しつつ、通り沿いのギャラリーをハシゴしながらカルバーシティに広がるアートシーンを十分に満喫できる夜だった。

Detail

Group Show 'Blender'
Curated by: beau basse, Freddi Cerasoli

Artist: JENNIFER DAVIS, Melissa Haslam, Vincent Hui, Mari Inukai, Ryuichi Ogino, Suzanne Sattler, Deth P Sun

The Cerasoli : LeBasse (http://cerasoli-lebasse.com/site/)
8530 -b Washington Blvd. Culver City, CA 90232

October 11th Saturday - November 1st Saturday


Written By Nico

CBCNET:WORK

PNRM WEBSHOP
CBCNET WORK



PAGETOP