Home > Article > Report

Semitra Exhibition 「tFont/fTime」 : Report

December 2, 2009 6:02 PM
091202_semitra01.jpg:

山口情報芸術センター[YCAM]にて「Semitransparent Design(セミトランスペアレントデザイン)」から生まれたアートユニット「Semitra(セミトラ)」による新作個展「tFont/fTime(ティーフォント・エフタイム)」が開催中である。
会期が残り1ヶ月あまりとなったので、改めて簡単に紹介をしたい。

本作「tFont/fTime」のタイトルは、「時間フォント/フォント時間」をあらわし、フォントが時間によって変化していくプロセスを視覚化する新しい発想から、文字デザインを探求するこころみを様々なインプット/アウトプットで表現している複合的なインスタレーション作品になっている。

6台のターンテーブルと連動している「Movable Type」、スケートランプに高速に点滅する無数の光「No Flash Photography Allowed」、巨大なLEDの「F」と「T」、一見無造作に置かれているように見液晶モニタ(LCD)とブラウン管(CRT)、作品とは思わないほどYCAMの庭に馴染んでいる巨大フォントベンチそして立体彫刻。それらは鑑賞者が介入したり、時間の経過によって認識または変化していく。

展示のウェブサイトを含めて12点に及ぶ作品/装置が設置されており、それぞれがインプット/アウトプットの方法が異なり、どういった仕組み、繋がりで連動してるのか理解するのもひとつの楽しみだ。

『ウェブ上の文字というものを本来の形でデザインをしたらこういうものになるかもしれない』というセミトラ・田中さんの話は興味深かった。今回の展示は『文字』と『時間』という普遍的なものをテーマに、人と時間が身体やネットワークを通じて絡み合うひとつの『事象』としてデザインされている。それは現代のウェブ、ネット社会の垣根にある部分、またそれらに対するストリート的なアプローチなどのが読み取れるセミトラらしい『風景』となっていた。

会期は1月10日まで。作品自体もアップデート予定であり、渋谷慶一郎+evala による新作サウンドインスタレーションも展示中なので、ぜひ機会があれば足を運んでみてほしい。

詳しい作品の解説は以下より。
http://semitra.ycam.jp/ja/work/

Photo & Text by Yosuke Kurita


Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/c/b/c/cbcnet/web/xml.php on line 17

Warning: file_get_contents(http://...@N02&tags=semitra_tfont_ftime&per_page=100) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 403 Forbidden in /home/sites/heteml/users/c/b/c/cbcnet/web/article/2009/12/semitra.php on line 151

Detail

Semitra Exhibition "tFont/fTime"
セミトラ インスタレーション展

http://semitra.ycam.jp/

日付/時間 :
2009-09-19 (土)-2009-10-25 (日)10:00-19:00
2009-11-07 (土)-2009-12-28 (月)10:00-19:00
2010-01-04 (月)-2010-01-10 (日)10:00-19:00
休館日 :
火曜日(祝日の場合は翌日)
12月29日(火)-1月3日(日)年末年始のため全館休館
※10月26日(月)-11月6日(金)は、 展覧会のみ臨時閉場いたします。
場所 :
山口情報芸術センター[YCAM]
スタジオB / ホワイエ / 2Fギャラリー、中央公園ほか /
http://www.ycam.jp/

料金 :
入場無料

プロフィール:
Semtira/セミトラ

ネットワークとリアルスペースを連動した独自のデザイン手法を開拓し、カンヌ国際広告祭、クリオ賞、One Show、New York ADC、D&ADなどの広告賞を多数受賞しているクリエイター集団「Semitransparent Design」(メンバー:田中良治、菅井俊之、柴田祐介、佐藤寛、萩原俊矢、柏木恵美子)から生まれたアートユニット。ビジュアル、プログラム、ネットワーク技術を駆使して、ウェブ、インスタレーション、写真、映像など、メディアの形態を選ばず多岐に渡るアイデアの作品を発表している。 主な活動として2008年、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]にて自ら開発した時間軸をもったフォント「tFont」を使ったインスタレーション「フラッシュを使用しない撮影は許可されています。」や同じく「tFont」を使った岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー[IAMAS]でのワークショップ、「映像作家100人2009」(ビー・エヌ・エヌ新社) への映像提供などがある。
http://www.semitransparentdesign.com/

CBCNET:WORK

PNRM WEBSHOP
CBCNET WORK



PAGETOP