『Akasaka Art Flower 2008』
[Category:Info]


  • 赤坂サカスエリアを中心に、神社、料亭跡、旧小学校など、赤坂の街を展覧会場にして、国内外で活躍する現代美術作家約20組を集めた大規模な展覧会『Akasaka Art Flower 2008』が 9月10日から開催される。この展覧会は絵画から立体、映像、インスタレーションなど実に幅広いジャンルの作品で構成され、出品作家もベテラン作家から新進気鋭の若手、ストリートアーティストまで実に多様な顔ぶれである。
    通常アート作品は、外界から切り離された美術館やギャラリーといったスペースで鑑賞されるものだが、それらを日常空間の中で展開させることにより、今まで見えなかった「場」の魅力や、気づかなかった「世界」を見る契機をもたらすことがこの展覧会の意図だ。アートの力を街中で活かしていくために、参加アーティストたちにはその会場の特質に合わせて作品を制作するよう依頼しているとのこと。
    テレビ局、行政、商店街、企業等と協働して開催され、「アート」と社会の新たな関係性を探る実験的な試みである『Akasaka Art Flower 2008』、会場には多種多様な芸術の「花」が咲くことだろう。


    080804_akasaka01.jpg雨宮庸介
    《knowledge (translated)》2007
    oil on non foaming urethane foam, wood
    9x9x6.5cm


    080804_akasaka02.jpg小沢剛
    《あなたが誰かを好きなように、誰もが誰かを好き》2006
    展示風景:「第5回アジア・パシフィック・トリエンナーレ」クイーンズランド・アート・ギャラリー、ブリスベン


    080804_akasaka03.jpg
    草間彌生
    《クサマトリックス ー 草間彌生展》2004
    札幌芸術の森美術館での展示
    写真提供:草間彌生スタジオ


    080804_akasaka04.jpg
    田尾創樹
    《A girl and windows 女の子と窓》2007
    Acrylic and origami on canvas
    194 x 163cm




    「Akasaka Art Flower 2008」
    ■開催時期:2008年9月10日(水)~ 10月13日(月・祝)会期中無休
    ■開催時間:11 : 00 ~ 19 : 00 各会場の最終入場は18:30まで。赤
    坂氷川神社の境内は17:00閉門となります。

    ■開催場所:TBSを中心とした赤坂一帯
    ■入場料:パスポートチケット(すべての会場共通)一般・学生1000円(前売900円)、高校生500円(前売400円)、中学生以下無料

    ■開催内容:約20組のアーティストの作品を赤坂エリアに展示

    ■参加アーティスト(50音順):
    青山悟、淺井裕介、雨宮庸介、池田光宏、大津達、小沢剛、
    オノ・ヨーコ、HITOTZUKI(KAMI×SASU)、草間彌生、倉重光則、
    志村信裕、スサイタカコ、田尾創樹+おかめぷろ、椿昇、トーチカ、
    原高史、パラモデル、松宮硝子、他

    ■主催:TBS
    ■共催:港区赤坂地区総合支所、赤坂商店街協議会
    ■アートディレクター:窪田研二(インディペンデントキュレーター)
    ■協力:ナンジョウアンドアソシエイツ
    ■公式WEB:http://sacas.net/event/

    [ DATE : August 21, 2008 ]
    [ TAG: ]
pagetop

PROMOTION