TOPIC > ARTICLE

フィンランドの放射性廃棄物処理場「オンカロ」のドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』UPLINKにより吹き替え版を2月10日まで無料配信中

January 24, 2014(Fri)|

20140123_100000_1

映画配給会社アップリンク2011年 4月に公開し話題となったドキュメンタリー映画『100,000年後の安全』を、イデオロギーを超えて原子力発電所について考える映画として、本編吹き替え版全編を YouTube にて2月10日まで無料配信している。


本編は原発から生まれる高レベル放射性廃棄物の処理をめぐり、未来の地球の安全を問いかけるドキュメンタリー。
フィンランドは脱原発国ではなく、現在4基の原子炉が操業中で今後 2 基を建設予定。総発電量のうち原発による電力は約30%。そのうえで、高レベル放射性廃棄物いわゆる「核のゴミ」を出すならその処分まできちんとしよう、トイレのないマンションではなく、マンションにはトイレを作ろう、ということで、 世界で初めて地下処分場選定が最終決定した国だ。

この処理場、通称「オンカロ」は、2020年に操業開始を予定しており、最大 9000 トンの核のゴミを収容できる。原子炉1基からは年間約20トンの核のゴミが排出されるため、合計6基の原子炉で 50~60年間運転する場合に発生する量の受け入れに対応できる事になる。ちなみに日本には50基の原子炉があり、現在すべて運転停止中。また、これまでの核のゴミは地上に保管されている。

ぜひまだご覧になってなく興味ある方この機会にご覧いただきたい。

20140123_100000_2

監督マイケル・マドセン


20140123_100000_3

20140123_100000_4

20140123_100000_5

20140123_100000_6

Information

映画『100,000 年後の安全』
マイケル・マドセン監督
(2009 年/79 分/デンマーク, フィンランド, スウェーデン, イタリア)
日本語吹き替え版ナレーション:田口トモロヲ

【映画配信ページ】http://www.uplink.co.jp/100000/2014/
【配信期間】2014年1月22日(水)正午 12 時 ~ 2月10日(月)正午 12 時


★DVD『100,000年後の安全』発売中
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B005Y375CY/uplink_jp-22/ref=nosim

【DVD特典】
☆視覚障害者対応日本語音声ガイド付
☆DVD封入特典:劇場パンフレットダイジェスト版(24Pフルカラー)
イントロダクション―未来のみなさんへ―/プロダクション・ノート/監督インタビュー/オンカロとは─フィンランドにおける最終処分場のサイト選定経緯─/放射性廃棄物に関する基礎知識/あとがき(アップリンク社長・浅井隆)


CBCNET:WORK

CBCNET WORK