TOPIC > イベント情報

AR三兄弟、初のギャラリー展示『連続デブ小説 プロット展』@btf(中央区・勝どき)にて、2月3日~2月27日まで

ARを開発するかたわら、その魅力を自らパフォーマンスとして伝えてきた3人組の企画・開発ユニットのAR三兄弟。2010年はソーシャルメディア、ゲーム、玩具、農業、自然現象、漫画、アニメ、TV、雑…

ダークな中にも幻想的な一面を持ち合わせたビアンカ・キャサディによる日本初の個展がSUNDAY ISSUEにて1月9日より開催

パリを拠点に世界中に熱烈なファンを持つ、フリーキー・ポップ・デュオCocoRosie(ココロージー)のメンバーでもある、Bianca Casady(ビアンカ・キャサディ)の日本初となる個展がS…

『ネットワーク時代における、創造性の再考やリアリティの拡張』 魚住剛による個展『F』が京橋 ASK?にて開催中

「インターフェイスとしての振る舞い」を追求した、アルゴリズミックなインスタレーションやライヴ・パフォーマンス作品を発表、コンピュータ・プログラムやデヴァイスの各自律的要素から、体験者までも…

『RHYTHMHOLIC』が一周年記念パーティーを年末に開催!Dave Clarke、宇川直宏、dot i/o × TYMOTEらが登場

昨年末のDarren Emerson & Tim Deluxeに始まり、Zombie Nation, M.A.N.D.Y.,Matthias Tanzmann, とコンスタントに重要アーティス…

ActionscriptからARマジックまで。 FITC TOKYO 2010 レポート

FITCは2002年から30を超えるイベントを開催し、全世界18都市15000人を動員しているデザインカンファレンスだ。ベースとなるトロントを皮切りにアムステルダム、サンフランシスコ、シカ…

patagoniaとTHE NORTH FACE、創業者2人の運命を180°変えた伝説の旅があった。そして今、ひとりの青年がその軌跡をたどる―。映画『180° SOUTH/ワンエイティ・サウス』 来年1月22日から20日間限定ロードショー

旅に出よう。 きっと新たな豊かさを教えてくれるから---- “知らないところへ行ってみたい” という強い気持ちが旅の本質ではないだろうか。目的よりも過程が重要で、困難に見舞われても多く…

フォトグラファー米田渉による『+81 Voyage Photo Exhibition / Photo by Wataru Yoneda』が+81 Gallery + Labにて開催

『+81Voyage』ブラジル特集、スカンジナビア特集、バルセロナ特集と3誌に渡ってメインビジュアルの撮影を手がけてきたフォトグラファー米田渉の写真展が2会期に分けておよそ2ヶ月にわたり333…

映像をめぐる冒険vol.3 3Dヴィジョンズ –新たな表現を求めて– 12月21日より東京写真美術館にて開催

日本における写真文化のセンター的役割を果たすとともに、国際的な交流の拠点となることを目指す、全世界でも数少ない写真と映像の専門美術館「東京都写真美術館」。 美術館としての機能の他にも、1Fの…

『写真家・若木信吾さんとニューヨーク写真散歩』 PAPERSKYvol. 34 ニューヨーク特集発売記念。ルーカスB.B. × 若木信吾によるスライドトークショー開催

『PAPERSKY』のコンセプトは「地上で読む機内誌」だ。世界各地の美しいビジュアルとテキストは、読者を架空の「想像旅行」へと誘うだけでなく、その地へ「実際に行ってみたい」と思わせる、リアル・…

VACANTの2010年の締めくくり。80年代伝説のバンドTalking Headsを率いていたDavid Byrneによる個展を開催

David Byrne(デヴィッド・バーン)は、80年代伝説のバンドTalking Headsを率いて、その音楽活動を開始し、いまに至るまで、常にその活動が注目を浴びるアーティストだ。映画「ラ…

PUBLIC/IMAGE.3Dが1周年、新たなプロジェクト 『parallel #01 : qubibi & ANSWR』を開催

様々なイベントや展示を開催してきたPUBLIC/IMAGE.3Dはオープンして1周年を迎える。それを記念し、新たにプロジェクトシリーズ『parallel(パラレル)』を12月15日(水)より開…

学術を世界と結ぶ『SYNAPSE project』が本格始動、12月26日に東京大学にてイベントを開催

学問の魅力をより多くの人へ届けるために、社会、環境、アート、デザイン、建築、メディアなど専門領域の枠組みを飛び越えたイベントやメディア発信を研究者自らが関わり編集・企画・運営するプロジェクト『SY…

チームラボよりクリスマスプレゼント:高橋英明氏とコラボレーション 、空間で奏でる『浮遊する楽器』展 @ btf

奈良県平城遷都一三〇〇年記念映像作品「ICONO-NARASIA」の発表や、チームラボハンガーを発表してきた「チームラボ」が、今度はチームラボよりクリスマスプレゼントと題して「浮遊する楽器」展…

建築ユニットassistantによる展示『すなわち、言いかえれば』12月10日より京都のradlabにて開催

松原慈と有山宙を中心に2002年に設立された建築ユニットassistantは、建築、美術、デザイン、webなど様々な領域にわたり思索的な実践を繰り広げてきた。彼らによる展示が京都にある建築オルタナ…

MARK GONZALES EXHIBITION『INVITATION』 12月11日よりLAST GALLERYにて開催

伝説的スケーターであると同時に、アーティストとしても高い評価を受けているマーク・ゴンザレス。 アパレルへの展開やZINE制作など、活躍の場は多岐に渡る。 そんなゴンズが年末に来日し、白…

ライブデザインコンテスト、『CUT&PASTE 2010』いよいよ今週末開催

CUT&PASTE サンフランシスコ ニューヨーク 世界各地では既に今年のイベントが開催されており、開催目前となった『CUT&PASTE 2010 東京』の情報をアップデート! …

『何も釣らないフィッシングマシン。』 タムラサトル展、吉祥寺アートセンター・オンゴーイングにて12月9日(木)より開催

『Catch and Release』(2010年)   photo : 木暮伸也 鶴岡アートフォーラムでの展示風景 "何も釣らないフィッシングマシン。鉄の台車のキャッチとリリースを繰り返…

今ここに生きているということの不思議、そこから新しい世界を想像する可能性。鈴木ヒラクによる個展『U』、新刊書籍『鉱物探し(Looking For Minerals)』を発売。

一貫して「ドローイング」という行為を核としながら、国内外のアート、音楽、ファッションなど様々な領域の境界を越えた活動を展開する鈴木ヒラク。 今回、3331 Arts Chiyodaの2階…

カオス*ラウンジ、2010年最後の展覧会【新しい】カオス*ラウンジ【自然】、12月4日より開催

2010年、様々な方面で話題となった「カオス*ラウンジ」が、2010年最後の展覧会を開催する。 今年4月に同 会場で開催された『カオス*ラウンジ2010 in 高橋コレクション日比谷(…

豪華ラインナップ、ハイブリッドに進化する新時代のカルチャーがここに。『HARAJUKU PERFORMANCE +』ラフォーレミュージアム原宿にて12月22日23日開催

ダンス、音楽、演劇、映像、アートなど、既成のジャンルや従来の概念にとらわれない、新機軸のラインナップで、クリエイティブ・シーンの最前線を紹介してきた『HARAJUKU PERFORMANCE+…

CBCNET:WORK

CBCNET WORK