TOPIC > ARTICLE

アジールがディレクションを行うオルタナティブギャラリー「SOBO」がオープン

June 4, 2015(Thu)|

20150603_sobo-asyl

アジールがディレクションを行うオルタナティブギャラリー「SOBO」が神保町駅から徒歩5分の場所にオープンする。

1996年以来さまざまなデザイン/アートディレクションを手がけてきたアジール。
今回、2015年6月より映像、Web、建築、写真など各ジャンルのスタッフ7名を加えた新しい体制となり、さらに、オフィスを神保町へ移転し、デザインオフィスにギャラリーと撮影スタジオ機能を加え、複合的なオルタナティブスペースの運営を行うという。

sobo

ギャラリーでは、写真家、ペインター、プログラマーなど、エッジなアーティストによる展示を毎月2回のペースで紹介していく。

6月5日より始まる最初の展示はデザイナー・米山菜津子が手がける出版プロジェクト『GATEWAY』。創刊号は漫画家の今日マチ子やファッションデザイナーの中里周子が参加し、凝った仕様の装丁も話題になっている。今回、こけら落としの展覧会として、『GATEWAY』の世界観をまるごとギャラリー空間に再現する。

参加予定作家は、野田祐一郎×檜垣健太郎、松本直也、石井絵里×今日マチ子、中里周子×小濵晴美×小山田孝司。6月13日には下西風澄×中里周子による「瞬間への感性と、ファッションについて」と題したトークイベントも予定されている。

また今後の「SOBO」での展示作家にはBACON、岡村優太(グループ展)、ucnv(企画展)、中馬聰、後藤武浩、高木考一、NNNNY、谷口暁彦、MANなど、なかなかユニークなメンバーが予定されているとのことで、今後の展開を楽しみにしたい。

20150603_sobo-asyl03

その他、撮影スタジオとしても使用可能。
詳細は公式サイトにて。



Information

アジールがディレクションを行うオルタナティブギャラリー「SOBO」
http://sobo.tokyo/

SOBO : Twitter
SOBO : Facebook



SOBO OPENING EXHIBITION : GATEWAY 2015 06

sobo_02

会期
2015 6.5 [FRI] – 6.17 [WED] / 12 – 8PM(最終日-6PM)/ 月火休廊
at SOBO Gallery

デザイナー・米山菜津子が手がける出版プロジェクト『GATEWAY』
http://yyypress.tokyo

参加予定作家
野田祐一郎 × 檜垣健太郎
松本直也
石井絵里 × 今日マチ子
中里周子 × 小濵晴美 × 小山田孝司

オープニングレセプション
2015.6.5 [FRI] 7-9PM(入場無料)

ギャラリートーク
2015.6.13 [SAT] 15:30-17:00
下西風澄 × 中里周子 《瞬間への感性と、ファッションについて》
(入場無料 / 予約優先)
予約申込は公式サイトより

企画
YYY PRESS / 服部円

Asyl / SOBO

メンバー:
Asyl
佐藤直樹 Art Direction/Painting
中澤耕平 Art Direction/Design
菊地昌隆 Art Direction/Design
古屋蔵人 Directior
竹田大純 Design/Development
たきぐちがめ Management/Development
小阿瀬直 Architect
長生まり Accounting

SOBO
後藤武浩 Photograph/DP
高木考一 Photograph
いしいこうた Management/Curator


CBCNET:WORK

PNRM WEBSHOP
CBCNET WORK