TOPIC > ARTICLE

インターネットの自由とヤミが交差する「インターネットヤミ市」ベルリンで行われるトランスメディアーレ 2014にて開催決定!

December 18, 2013(Wed)|

20131217_yami3-05

「行かないと買えない、残念なEC」として、インターネットに関するあらゆるものが売り買いされるフリマ「インターネットヤミ市」の第3回目の開催が決定。

過去2回、東京で開催され、大きな反響を呼んだヤミ市。今回はなんと初の海外遠征バージョン!ドイツ・ベルリンで開催されるヨーロッパでも最大級のメディアアートフェスティバル「トランスメディアーレ 2014」のクロージングイベントとして実施される。

「トランスメディアーレ2014」の開催期間は、2014年1月29日から2月2日まで。
テーマは「afterglow(=デジタルの余韻)」ということで、デジタル時代以降の表現の在り方を問う作品が紹介され、またプレイベントとして世界中から70 名以上のアーティストやプログラマーが集うイベント「Art Hack Day Berlin」が開催される。

今回のヤミ市は、文化庁メディア芸術祭 海外メディア芸術祭等参加事業の一環で開催されるもので、企画ディレクターである伊藤ガビン氏が「exodus from formal internet」(正しいインターネットからの脱出)として企画を構成。
参加作品は、IDPW『どうでもいいね!』や、エキソニモ/渋家/Maltine Records『VideoBomber』などが選出されており、その関連イベントのひとつとして、ヤミ市も実施される。

現在、広く一般から出店希望者を募集している。
ベルリンまでの渡航費は自費となるが、「日本のインターネットをドイツ人に見せつけたる!」という意気込みのある方やヨーロッパ在住の方は是非!

メイン出店者はドイツ近辺やヨーロッパのインターネットフリーク達。
国や地域によってそれぞれ異なる「インターネット感」が、海を超えてぶつかり合い、文明衝突的状況が立ち上がるだろう。

出店に関する詳細等は公式サイトにて。
※英語サイトはこちら、English Website below.
http://berlin.yami1.biz/

W+K Tokyo制作のヤミ市をテーマとしたドキュメンタリー↓


前回のヤミ市の様子↓
20131217_yami3-06

20131217_yami3-07

20131217_yami3-08

インターネットヤミ市

インターネットおじさんをベルリンにアップロードしよう!


また、「みんなの力でインターネットおじさんをベルリンにアップロードしよう!」という便乗企画も発生。
インターネットヤミ市の会場で生まれた「リアルインターネットおじさん」をベルリンに送るべく、Gumroadを利用したクラウドファンディングを実施。「リアル・RT」や「リアル・バナー」「リアル・FTP」などファンディング金額によってユニークな特典がある。
目標金額は20万円、ぜひ応援したいかたは以下のサイトから。

インターネットおじさんからのメッセージ

関連:インターネットおじさんについて

「インターネットヤミ市2」レポート
センボーのブログ » インターネットヤミ市とか


Information

インターネットヤミ市3 in Berlin
(日)http://berlin.yami1.biz/jp/
(英)http://berlin.yami1.biz/

日時:2014年 2月2日(日)
場所:Haus der Kulturen der Welt (transmediale内) http://www.hkw.de/

主催:IDPW (http://idpw.org)
協力: 文化庁メディア芸術祭 海外メディア芸術祭等参加事業/transmediale/W+K Tokyo


トランスメディアーレ2014
会期 : 「トランスメディアーレ2014」 2014年1月29日(水)~2月2日(日)
    プレイベント「アートハックデイ」 1月27日(月)~29日(水)
会場 : 世界文化の家 Haus der Kultured der Welt (ドイツ・ベルリン)
入場料 : 70euro~(チケットの種類によって異なる)
http://www.transmediale.de


IDPWとは
20131217_yami3-04
主催のIDPW(通称:アイパス)は「100年前から続く、インターネット上の秘密結社」として、国内10数名のメンバーを中心に「インターネットを、現場に降臨させる」活動を行う団体。毎月恒例のパーティにて様々な実験を行い「インターネットヤミ市」「どうでもいいね!ボタン」「テキストパーティ」などを発明。「どうでもいいね!ボタン」は第17回文化庁メディア芸術祭にて新人賞を受賞。


トランスメディアーレとは
「transmediale(トランスメディアーレ)」は 1988 年から始まった「ビデオフィルム・フェスト」を前身とし、展覧会、シンポジウム、映像作品の上映、ワークショップなどで構成されたメディアアート・フェスティバルで、毎年ドイツ・ベルリンで開催されています。フェスティバルの名の通り、分野を超えた表現が集う場を目指し、毎回異なるテーマを設定した上で、様々な視点から現代文化を再考し続けています。25 周年を迎えた 2012 年からは、アーティスティック・ディレクターとして Kristoffer Gansing(クリストファー・ガンシング)氏が就任しています。
2014 年のテーマは「afterglow(=デジタルの余韻)」。“デジタル時代におけるデジタル以前の時代の名残” あるいは “ポスト・デジタル時代におけるデジタル時代の名残” を意味しています。 メディアアートの黎明期にインターネットはメインテーマの一つでしたが、現在私たちの生活は、スマートフォン等でネットに常時接続された状態で、インターネットは不可視(あってあたりまえの存在・十分に行き渡り・透明化した存在)なものになっています。この変化を検証するような、かつて描かれた未来像を取り入れた作品や、高度な技術が浸透した時代の DIY を感じさせる作品が集まります。インターネットヤミ市は本フェスティバルのクロージングイベントとしての開催になります。


文化庁メディア芸術祭 海外メディア芸術祭等参加事業
http://jmaf-promote.jp/global/index.html


CBCNET:WORK

PNRM WEBSHOP
CBCNET WORK