TOPIC > ARTICLE

オックスフォード大学の出版局が選ぶ2013年注目の言葉に「自分撮り」を意味する「SELFIE」

November 21, 2013(Thu)|

selfie-oxford-dictionaries-word-of-the-year

オックスフォード英語辞典などを出版するイギリスのオックスフォード大学の出版局が選ぶ今年の注目の言葉が発表され、2013年の言葉は「自分撮り」を意味する「SELFIE」となった。同出版局は毎年、1年間にインターネットの中で使われた英語の単語を調査し、最も注目を集めたことばを選んで発表している。

同賞では昨年、“動詞としてのGIF”が選ばれ大きな話題を呼び、インターネットやテクノロジーにまつわる言葉が選ばれることも増えてきた。「SELFIE」の使用頻度は昨年の同時期と比べて17,000%も増えたという。

ほか候補としては、マイリー・サイラスのMTVでのパフォーマンスで物議を醸し流行語ともなった挑発的な踊りを意味する「TWERK」、また仮想通貨として注目を集めており、現在高騰している「BITCOIN」などが入っている。

過去の注目の言葉は以下となっている。

screen

http://blog.oxforddictionaries.com/press-releases/oxford-dictionaries-word-of-the-year-2013/

NHK ニュース:
ことしの英語の注目語は「自分撮り」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131120/k10013217611000.html

VERGE:
‘Selfie’ is the 2013 Oxford Dictionaries Word of the Year
http://www.theverge.com/2013/11/18/5120390/selfie-is-the-2013-oxford-dictionaries-word-of-the-year


CBCNET:WORK

CBCNET WORK