「CBCNET Posts」はデザイン・アート・テクノロジー関連とその隙間の事象を少し違った切り口で紹介する情報掲示板です。複数人のエディターで執筆しています。

Posts

Cinderを使った「ダイナミック・コーディング」を紹介するハイレベルなワークショップをライゾマティクス・リサーチが開催

AntiVJのアーティストでもあり、世界的に活躍するクリエイティブ・コーダーのSimon Geilfus氏によるCinderを使ったハンズオン・ワークショップがライゾマティクス・リサーチ主催のワークショップ「Flying Tokyo #19」として2016年5月15日(日)、16日(月)の二日間にわたり開催されるとのこと。
Read more…



淡々と、心地よく、佇むGIFたち

インターネットのみなさん、いかがお過ごしでしょうか。

GIFがFacebookやTwitterなどでも簡単に共有できるようになって、毎日のように色んなGIFを目にしますね。
Meme的なGIF(ネコとか赤ちゃんとかトランプとか)は大量にありますが、そんな中でも作品として、独特の質感を持ったGIFを作っている人たちがいます。そんな素敵なGIFを収集するのが個人的なコレクション活動になっているのですが、いくつかこちらでお気に入りをご紹介。

他にもオススメがあったら教えて下さい! @cbcnet
Read more…



まるで宇宙船のコントロールパネルのよう – DUB-Russellによる、次世代セミ・モジュラー・ビートマシーン・ソフトウェア「2020」

Sonar Sound Tokyo (2012), RBMA TOKYO(2014), ELEKTRA16 (2015, モントリオール), meme city (2015, 中国杭州), BRDG 等にも出演など国内外で精力的に活動中のNOEL-KITと首藤 陽太郎からなる日本人電子音楽ユニットDUB-Russellによる、次世代セミ・モジュラー・ビート・マシーン・ソフトウェア「2020」の、キックスタータープロジェクトを3/13から開始。
Read more…



「Tomato」の結成25周年を記念したレトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビション “O” 3月12日よりパルコミュージアム、ギャラリーXなどで開催

Simon TaylorやJohn Warwickerらが率いる「Tomato」の結成25周年を記念した、初のレトロスペクティブ・マルチメディア・エキシビションがパルコミュージアム、ギャラリーXを拠点として渋谷パルコ全館、また渋谷の街も絡めたアートプロジェクトとして展開。
Read more…



NYを拠点に活動するアーティスト、Meguru Yamaguchiの個展が HHH galleryにて開催

ニューヨークで活動する山口歴(メグル)くんの個展が半年ぶりに再開するHHH galleryにて開催されるようです。気づけば10年ぐらい知り合いで、ニューヨークに遊びに行った時にあーだこーだいろいろ話せるのを楽しみにしてます。

展覧会の場所は昨年オープンした葛飾区、堀切菖蒲園駅から徒歩5分のHHHgallery (エイチ・ギャラリー) 。
21日にはオープニングがあるとのこと、残念ながらアーティストは来日の予定がないらしいのですが(インターネット経由で参加するらしい)、ぜひこの機会に。
ちなみに、土日祝日のみのオープンなので気をつけてくださいー


HHH galleryに関してはこちら。
USUGROW、HAROSHIらによるアーティストラン・ギャラリー 「HHH gallery」がオープン
Read more…



12台の換気扇が奏でるどこかスペーシーでレトロな音色『換気扇サイザー』 – Open Reel Ensemble、ISSEY MIYAKEのショーにライブ演奏で参加

ISSEY MIYAKEのパリ・コレクションの音楽を過去に何度か担当しているOpen Reel Ensemble。(こちらとか

そんなOpen Reel Ensembleの和田永が今回は日本のキッチンやトイレでお馴染みの「換気扇」の羽根を回転させて音を奏でる新たな楽器、その名も「換気扇サイザー」とともにショーにライブ演奏で参加。12台の換気扇が奏でるどこかスペーシーでレトロな音色。
オープンリールデッキ、ブラウン管、換気扇と、既成品や廃れた道具から新たな表現を見出す彼らのチャレンジは面白いですね。
以下早速ショーの映像が上がっておりました。
Read more…



国内外の18のインディペンデント・マガジンに依頼し、4ページずつ自由に制作 : アイディア最新号「ポスト・インディペンデント・マガジン 雑誌づくりの現在形」

2014年にラファエル・ローゼンダールのグラフィックが表紙を飾ったIDEA No.366「ポスト・インターネット時代のヴィジュアル・コミュニケーション」も素晴らしい内容でしたが、今度は「ポスト・インディペンデント・マガジン 雑誌づくりの現在形」と題してインディペンデント・マガジンを特集する号が発売されるようです!
一時のZINEブームが少し落ち着いたいま、そこから派生して活動している18の雑誌に依頼して、4ページを自由に制作してもらい、合綴するというこれまた面白い試み。アイディアさんだから成せる技ですね。
Read more…



“We Are Internet” – Scenius(シーニアス)たちによって再発明されるメディアの未来について | IAMによるショート・ドキュメント・シリーズ

Internet Age Media、通称IAM。文化としてのインターネットを通して発展するエコシステムを促進することを目的としていろいろ活動を行っている組織のようです。世界中のメディア関連のひとたちによって形成されているようで、4月にはバルセロナでWeekendというカンファレンスも開催されるそう。

そんな彼らによるショート・ドキュメント・シリーズ ”We Are Internet”。
メディア、出版、エージェンシーなどの方たちが、新たに立ち上がりつつあるインターネット時代のマインドセットを多角的に紹介・考察している内容。

エピソードは7つ。まだ見てないので内容が面白いのかは未確認!!時間あるときに見てみます。
バルセロナで開催されるカンファレンスも面白そうですね。
このIAM、2015年から活動しているようで、気になるのでもう少しリサーチしてみます。バルセロナはこういう新しい感覚のオシャレなイベントが多いですね。

ちなみに”scenius”とは天才=geniusと対比して、”シーン”を生み出す創造性のことで、ブライアン・イーノにより提唱された造語とのこと。

“Scenius stands for the intelligence and the intuition of a whole cultural scene. It is the communal form of the concept of the genius.” via


Read more…



アルスエレクトロニカFutureLabが、ドローン100個のパフォーマンスで世界記録を樹立

先日もMarco TempestとRzhiomatiks Researchのパフォーマンス映像が話題になりましたが、ドローンを豪華な演出装置に変えてしまった先駆者といえば、ご存知アルスエレクトロニカのFutureLab。彼らが開発した「Spaxels」は、数十機のLED装置を搭載したドローンを夜空に飛ばし、独自の制御システムで光のドットによる立体アニメーションを空中描き出すというもの。

2012年の開発以来、この新たなパフォーマンス表現は世界中で大ヒット。マンモス級の野外コンサートやフェスティバル、舞台、広告演出など数々のエンターテインメントに華を添え、アート&テクニカル集団FutureLab屈指の技術を磨き上げ続けてきました。

そんな彼らが100個のドローンを使ったパフォーマンス、その名も「Drone100」のドキュメント映像が1月に公開され、一度に飛ばしたUAV(無人航空機)の数で、ギネスワールドレコードを樹立したようです。
参照:アルスエレクトロニカ Blog

Read more…



ネットカフェを借りきってインターネット・アートを鑑賞する会 – アラム・バートルが主催する”Speed Show”が復活、LAにて開催 『Speed Show LA: Manifesto』

Aram Barthollが考案しキュレーションしている、ネットカフェでテンポラリーに開催されるエキシビジョンシリーズSpeed Show以前CBCNET:LOGでも”インターネット時代のイベント”として取り上げているこの企画、2010年からスタートして、2013年に一度ストップしつつもまた復活して未だに続いてるところが地味にすごいなぁと思うのですが、今度(アメリカ時間2016年2月18日から)LAで開催されるSpeed Showはなにやら出展者が豪華で気になります。
Read more…