EVENT > PICKUP

カンファレンス「Autodesk University Japan」革新的なアイデアでものづくりを展開するデジタル・クリエイターが登場 – 9月21日、22日の2日間、お台場にて開催

Posted on 9月 15 金曜日, 2017 in: イベント情報, ピックアップ|

20170913_autodesk

2017年9月21日(木)と9月22日(金)の二日間にわたり、東京・ヒルトン東京お台場にて「Autodesk University JAPAN 2017」が開催される。

「Autodesk University Japan」とは、製造、建築、土木、メディア&エンターテイメントなどの業界において、将来を見据えながら業務に役立つ情報を「学び」、さらに参加者同士の「交流」の場としても活用できるカンファレンスイベント。

セッションでは、オートデスク製品の最新テクノロジー動向の紹介、イノベーションを推進するユーザーによる事例、ソフトウェア操作のスキル向上のためのセッションを提供する。

クリエイターへのオススメセッションは、9月21日(木)の「アニメーショントラック」と、9月22日(金)の「テクノロジーアートトラック」。

21日(木)はアカデミー賞ノミネート作品「ダム・キーパー」の堤大介、「楽園追放」の水島精二、「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」の野末武志(スクウェア・エニックス)、本年公開予定の「GODZILLA」の瀬下寛之(ポリゴン・ピクチュアズ)が登壇。セッションを前に、野末監督☓瀬下監督の対談記事も公開された。

そして22日(金)は、革新的なアイデアでものづくり、そしてビジネスを展開するデジタル・クリエイターが登場。WOWより鹿野護・工藤薫、チームラボより寺尾実・中村将達・中村将達、dot by dotより富永勇亮・Saqoosha、ライゾマティクスより齋藤精一が登壇する。

2日間のプログラムの詳細はこちら

参加費は、通常料金は一般・個人の二日間通し券は15,000円だが、 プロモコード(ME0921)の使用で10,000円に、1日券10,000円が7,000円にディスカウントされる。学生は二日間通し券が5,000円となっている。お申込みは公式サイトより。

Information

Autodesk University JAPAN 2017
公式サイト http://au.autodesk.com/japan
クリエイタートラック http://area.autodesk.jp/event/autodesk/auj_2017/

会期:2017年9月21日(木)~9月22日(金)
時間:9:00 受付開始 – 18:20 終了
会場:ヒルトン東京お台場(東京都港区台場1-9-1)
参加費:一般 1日券 10,000円、2日券15,000円、学生5,000円 ※プロモコード: ME0921
主催:オートデスク株式会社


CBCNET:WORK

PNRM WEBSHOP
CBCNET WORK